ダイエット/やせたい!でも食べたい!!

楽して痩せられる商品を探していこうよ!
管理者ページ 
  1. 観葉植物
バナー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私たちの体の96%が、たんぱく質、炭水化物、脂肪、ビタミンで構成されていま
すが、4%のミネラルが存在しなければ、体は動きません。


ビタミンとミネラルの関係 
             
ビタミンが働くためには微量多種なミネラルが必要で、目のビタミンといわれるビタミンAが働くためにはカルシウム、マグネシウム、リン、セレニウム、亜鉛が必要です。

美容のビタミン(B2)、成長のビタミン(B3)、胃腸のビタミン(B5)、神経のビタミン(B6)、血液のビタミン(B12)が働くためには、コバルト・銅・鉄・マンガン・カリウムナトリウムなどのミネラルが必要です。

若返りのビタミン(E)が働くにはカルシウム・鉄・ナトリウム・カリウム・マンガン亜鉛・セレニウム・リンなどのミネラルが必要です。



ビタミンと酵素の関係              

酵  素 - 酵素の働きもミネラルが支えています。
現代病の90%を起こす元凶とも言われる活性酸素を除去し、壊れた細胞を
修復する酵素は、微量多種のミネラルを必要としています。

活性酸素除去酵素であるSODには、マンガン・銅・亜鉛、カタラーゼには鉄、
グルタチオン、ペルオキシターゼにはセレニウムが必要です。

DNA修復酵素にはマンガンと亜鉛が必要です。
これらの酵素が正しく働かないと、毎日数十万単位の細胞が傷つけられ老化が早まります。

【その他・・・】

・骨格の形成・血液形成・老化防止・消化作用・細胞形成・ホルモン・免疫・神経伝達  

等など生命活動のあらゆる場でミネラルが必要なのです。



現代人は何故ミネラル不足なのか?
私たちはミネラルを食事の中から摂るしかありません。しかし現代人は食べやす
くするために、例えば玄米から白米、黒砂糖から白砂糖へとわざわざミネラル分
を取り除いた食品にしてしまっています。

そして「欧米化した食事」の増加によって脂肪、砂糖、動物性たんぱく質の摂り
すぎと慢性的なビタミンとミネラルの不足に陥っているそうです。

「私は野菜を多く摂るようにしているから大丈夫!」という方もいると思いますが
実はその野菜も「ミネラル不足」に陥っているのです。

その理由は農業が発展していくなかで、排泄物を肥料として使わなくなってしま
ったことが一つ挙げられます。
つまり、農作物を収穫するたびに新しい農作物が大地のミネラルを吸い取ってい
くことで、農地からミネラルがなくなってきているのです。

排泄物を肥料としていた頃までは土地へのミネラル還元が繰り返し行われていま
した。

現在、農地の使われている肥料は窒素・リン・カリウムのみが入っているものが多く、土壌が変わってきているのです。

例えば、ほうれん草は50年前と比べて鉄分が3分の2に減っているそうです!
ミネラルは生命活動をしていく上でもの凄く大事なのです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ketudeka.blog83.fc2.com/tb.php/248-8a5a2e6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。